So-net無料ブログ作成

船橋市で会社設立するなら行政書士よりも・・・

船橋市で会社設立するなら行政書士よりも・・・

会社を始めるに当たってまず行うのは会社法人登記。

定款を作成し公証役場で認証を得て法務局へ提出。

専門的な事が多く、また様々な決まりを守らなくてはいけません。

行政書士の事務所でも、この会社設立のお手伝いをしています。

船橋市での法人登記は行政書士よりもここが安い↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

船橋市で会社設立するとき税理士、弁護士、行政書士どこに頼めば良いの?

インターネットで会社設立代行を探すと色々と出てきます。

船橋市にもたくさんあります。定款作成、代理登記などができるのは司法書士だけだといわれています。

しかし税理士、弁護士そして行政書士が、自分で会社設立を行うよりも安く出来ると広告を出しています。

会社設立における行政書士の仕事とはなんでしょうか?

行政書士の仕事は、会社設立の定款をはじめ様々な公的な書類の作成です。

行政書士は定款を作成する事はできますが、認可を取り法務局に代理登記を行うのは司法書士の仕事です。

会社設立登記後に、会社を実際に運営するに当たって色々な書類の提出、届出が必要です。

行政書士はこの会社を経営していくうえで必要な書類の作成をしていきます。

行政書士が作成する書類の数は事業の認可や払い戻し請求など多々にわたり1万種類以上だと言われています。

行政書士に会社設立を頼むメリットは?

  • 司法書士と提携を結んでいれば自分が法務局に行かなくても良い。
  • 定款作成だけの依頼が出来、費用が節約できる
  • 税理士や弁護士との顧問契約をする必要が無い。

行政書士に会社設立を頼むデメリットは?

  • 司法書士と提携が結ばれていないと自分で法務局に行かなければいけない
  • 会社設立後のサポートを受ける事が難しい。
  • 税務や法務に関する相談が出来ない。

行政書士に会社設立を依頼すると書類は作ってくれますが、それ以上のサポートを期待するのは難しそうです。

最近は行政書士の事務所でも、司法書士をはじめ税理士や弁護士と提携を結び、会社設立だけでなく総体的にサポートしている所が多くなっています。

船橋市で会社設立、代行業者はどこが良いの?

船橋市に限らず会社を設立した後には、さまざまな届けなどがあります。

会社設立登記が終わったら、提出しなければいけない届出

税務署

  • 法人設立届出書
  • 青色申告の承認申請書
  • 給与支払事務所等の開設届出書
  • 源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書
  • 棚卸資産の評価方法の届出書(任意)
  • 減価償却資産の償却方法の届出書(任意)

都道府県、市区町村

  • 開業の届出として法人設立届

労働基準監督局

  • 労働保険 保健関係成立届出
  • 労働保険 概算保険科申告書

ハローワーク(公共職業安定所)

  • 雇用保険 適用事業所設置届
  • 雇用保険 被保険者資格習得届

年金事務所

  • 健康保険 厚生年金保健新規適用届
  • 健康保険 厚生年金保険被保険者資格習得届
  • 健康保険被扶養(異動)届

これだけの届出を設立後すぐに提出します。

届出の中には添付書類が着いているものもあります。

また行う事業によっては認可を必要とするものもあります。

それぞれ税理士、弁護士と専門分野も変わってくるのです。

船橋市で会社設立、どんな所に頼めば良い?

船橋市でも弁護士、税理士それに司法書士、中には社会労務士や行政書士が一体となって会社設立を代行している所がたくさんあります。

このような所はそれぞれの専門に強く、また資金面でも色々なアドバイスを受ける事が出来ます。

様々な士業が一体となって新しい企業家が会社を興し、順調に運営が出来る様に応援しています。

船橋市での法人登記は行政書士よりもここが安い↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

http://kaisyastep.blog.so-net.ne.jp/2016-10-24-2
  • 船橋市 会社設立 見積もり

  • 船橋市 会社設立 おすすめ

  • 船橋市 会社設立 弁護士



  • この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。